トップページ 会社案内 製造工程 製造設備 会社概要 お問い合わせ
 
 

  アルマイト(陽極酸化皮膜)とは?

アルミニウムは軽い、熱伝導率が高い、加工しやすい、錆びにくい、表面処理が容易、磁気を帯びない、など 多くの優れた特徴を持っています。
自動車、鉄道、航空機、電機、電子、工業製品、建設など、軽量化にも使われリサイクルしやすい事や エネルギー負荷を軽減できるなど地球環境の保全にも役立っています。(アルミの比重は約2.7、鉄7.9、銅8.9)
アルミニウムは大気中の酸素と結びつきやすく、薄く自然酸化皮膜に覆われいます。しかし、ある程度耐食性がありますが、条件によっては腐食してしまいますので、 さらに耐食性、耐摩耗性等を良くするため、アルマイト(陽極酸化)処理をして人工的に皮膜を厚く形成します。
 

  あらゆるニーズにお応えします

当社ではアルミニウムの陽極酸化処理、二次電解着色処理、静電焼付塗装を行っております。
弊社技術の最大の特徴は短納期での処理が可能であり、さらに大型アルマイト槽である為、 大きな製品の処理ができる事です。
アルミ材の静電焼付塗装は陽極酸化皮膜の上に透明合成樹脂系塗装(アクリルウレタン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料)を 施す為、塗装の密着度が良く、加工された製品は非常に耐腐食性、耐候性に優れ、高品質なものとなります。
 

  アルマイト処理可能最大寸法

  【L=6900 H:1500 W:500】他メーカーの近似色も着色可能です。
 

  静電焼付塗装処理最大寸法

  【L=5000 H:1500 W:500】陽極酸化処理後は静電焼付塗装します。
Copyright © 2015 本村アルミ株式会社 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座